初めて「ふるさと納税」やってみた!意外とカンタン!

■2016年末に初めて「ふるさと納税」をやってみた!

ここ数年ニュースやTVCMでも紹介されるようになったふるさと納税を初めてやってみたので、方法について紹介します〜。

■ふるさと納税とは?

ふるさと納税というのは、自分の故郷へ税金を納める、ということではありません。自分の好きな自治体(都道府県や市町村)を選び、寄付をすることです。「子育てに〜」とか「教育に〜」など、寄付したお金の使い道もある程度指定することができます。寄付すると、寄付金のほぼ同額が翌年の税金が控除されたり、自治体から「お礼の品」を受け取ることができます。とってもお得な制度なのです!ちなみに自己負担金が2千円、寄附金額とは別に発生します。

という情報はうっすら知っていましたが、どうもやり方が分からないし、会社に言わなきゃいけないのかなぁ、めんどくさそうだなぁと思っったりしてこれまで実際にしたことは一度もありませんでした。しかし、「ワンストップ制度」(後述しますね)を使えばややこしい手続きなしに、そして会社に特に報告の必要もないということを知り、2016年12月31日に初めてチャレンジすることにしました。

■ふるさと納税はどこからできる?

大きく分けて2つの方法があります。ひとつは寄付したい自治体のHPへアクセスし、直接寄付する方法。総務省のサイトにふるさと納税に関するポータルサイトから興味のある自治体を選んで寄付できます。

もう一つは、ふるさと納税に関する情報を提供しているサイトを利用する方法。下記2つが有名ですね。

ふるさとチョイス
さとふる

今回は商品数が多そうな「ふるさとチョイス」からふるさと納税をやってみることにしました。

■まずは寄付できる金額の上限を確認する

ふるさとチョイスで寄付金の上限を確認しましょう。

源泉徴収票から細かく計算することもできますし、ざっくり金額が知りたければ下記「初心者向け」ページにある目安でも十分だろうと思います。

ちなみに私の場合、2016年の所得から計算すると2万円ほどが上限でした。2016年の収入は、、、お察しください。。。2017年はがんばって給料上げますから!

■どんなお礼がもらえるの?

さて、非情な現実は受け入れるとしまして、どこに寄付しようかと探しました。いろいろ探してみると、どうやら宮崎県都城市の返礼品が大変お得との情報が。

これなんて1万円で5kgの豚肉が返礼品としてもらえるのです。やはり人気商品なのですでに品切れですね。再度入荷する可能性もありますし、その他の返礼品もオトクなのでぜひ定期的にチェックすべきかと思います。

他にもたくさんの返礼品がありますが、人気ランキング等を参考にするとお得で自分の欲しいものが見つかりやすいのではないでしょうか。ぜひいろいろ探してみてください。見てるだけでワクワクしますよ!

■お米と焼酎に寄付することに決定
さて、私の場合は2万円しか寄付できませんので、お得度の高い都城市へ1万円分、あとはやはりお米かなぁと思ったので下記2件に寄付することにしました。

・宮崎県都城市 5合焼酎バラエティセット

・香川県三木町 平成28年香川県産精米(コシヒカリ) 10kg×2

■寄付の方法
さて、寄付する自治体と返礼品が決まればあとは実際に寄付するだけです。今回は寄付しようと決めたのが12月31日だったためクレジットカードを利用しての寄付となりました。

寄付はとてもカンタン。コシヒカリの例だと返礼品が面の右側にある「★寄付を申し込む」ボタンを押し、氏名や住所、寄附金額や決済方法を選択し、最後にYahoo公共料金のページからの支払いとなりました。全く同じ方法で都城市も寄付できました。

※注意※
ワンストップ制度を利用する場合には、寄付の申し込み画面で必ず「ワンストップ特例」に申し込むこと!
具体的には「寄附金税額控除に係る申告特例申請書を要望する」に必ずチェックを入れましょう!
これで寄付した自治体から申請書が届くので、必要事項を記入して寄付した自治体へ返送します。
ちなみに6団体以上へ寄付する場合はワンストップ特例の対象外となりますので確定申告してください!

■というわけで…
昨年末駆け込みでしたふるさと納税。本当に返礼品が届くのか正直まだわからないんですが、来たらまた報告しますね。それでは〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク