Uber eatsの始め方。装備編。

■Uber eatsの登録はしましたか?

・昨日Uber eatsの記事を書きましたけど、もう登録して頂けましたか?説明会には行きましたか?

あれ?まだしてませんか、そうですか。それはきっとUber eatsのことがまだわからないんですね。では、もう少し解説しましょう。

■説明会でゲットできるもの

・配達する時のバックパック。充電器。そして、スマホを自転車に取り付けるためのスマホホルダーの3つ。

説明会に行くと上記3点が支給されます。これがなんと、無料ではありませんww
月額2千円です。

■だから最初の給料が…

・そうなんです、これらは貸与品なので無料ではないのです。毎月2千円ひかれます。なので、2016年12月にUber eatsのパートナーデビューしたわけですが、1件配達し、時給が保証される時間帯に待機して、ちょっとは儲かったかなと思って給料を確認すると…

160円でしたwww

1件配達し、時給が保証される時間帯に待機した管理人の場合、稼いだ額は2486円でした。そこからUber eatsが手数料として326円引くのはわかります。アプリもお店も顧客もUber eatsが提供してくれてますからね。それはいいんです。じゃあ1000円弱が振り込まれるのかなぁと思いきや…160円です。

■ある日突然メガバンクから給与のお知らせが、、、

これは事実なのです。なぜなら年明け、ある日突然に給与振込銀行に指定している三菱東京UFJ銀行から書類が送られてきたのです。

全然思い当たるふしが無かったので、なんだろうと思いきや、Uber eatsからの支払いだったのです。外資系企業なので、支払いは海外からとなります。どうやらネット系銀行だとうまく振り込まれないらしく(信じられないけど本当)メガバンクを登録しておいたのでした。そんなことはすっかり忘れて「なんだろう?」と思って開いたらこれですよ。

160円。。。

もうね、大人になってこんな給料で働いたことないですよ。

寒い中がんばったのに。。。初めての配達でテンパりながら配達したのに。。。160円。もうこの銀行からの書類の作成&管理人まで送ってもらう手間賃のほうが高いんじゃないかと思うぐらいの給料。。。別にいいんですけど。。。

■今日のまとめ

そういうわけで、2016年12月の給与は160円でした。1回配達し、時給が保証される時間帯にオンラインにしていただけですから。そして貸与品の2千円ひかれただけですから。。。いいんです。またがんばりますから。30回配達すると2万円もらえるのがそこまではがんばってみようかな…!もし管理人のブログを読んで挑戦したいという人がいるならぜひ紹介者として「TANAKAS101UE」を使ってやってください。使ってくれるともう少しがんばれる気がするので。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク